アーリーリタイヤに成功した筆者が、投資や相場を考えます。

お金ブログ

お金のルール

「突き抜けた技術」を持つと、心身の健康を維持しながら稼げる

投稿日:

記事「お金は、知識がない人から知識がある人に流れる」において、突き抜けた知識があれば、お金を稼げることを考察しました。

お金は、知識がない人から知識がある人に流れる

カテゴリ「お金のルール」では、お金のルールについて考察していきます。 スポーツでもゲームでも何でもそうでしょうが、ルールを知って訓練を積むことが、その分野で成功するために必要です。お金も同様です。 知 ...

続きを見る

そこで今回は、どうやって突き抜けた知識を得るかを考察します。

中途半端な知識や能力を持ってしまうと、発注者に消耗品のように使われて、最終的に捨てられるという未来が見えます。突き抜けることが重要です。

FXを例にして考察

何か具体例があると分かりやすいので、今回はFXにしましょう。

日本全体でFXをしている人は何人なのか、良く分かりません。しかし、各種サイトを眺めますと、30万人~40万人くらいかな、と予想できます。そこで、多めに見積もって、40万人としましょう。

そして、FXでプラスの成績を上げられるのは、全体の10%ほどです。40万人のうちの10%ですから、4万人いることになります。

FXで損する個人投資家は、本当に9割もいるのか

一つ前に投稿した記事で、FXをしている個人投資家の9割が負けているという趣旨を書きました(下のリンクです)。 9割も負けているという数字の根拠は? しかし、具体的に9割と書いているものの、「根拠は?」 ...

続きを見る

FXでプラスの成績を残すには、全体の10%に入る必要があります。よって、難しいのですが、人数で考えると、4万人もいます。全然レアではありません。

何か仕事を発注しようとする人(会社)から見て、「FXで勝てる人」という基準で選ぶと、選択肢が4万もあるということになります。

これでは、自分を選んでもらうのは大変です。

実際には、「自分は稼いでいるよ」と公開する人はわずかでしょう。そこで、選択肢を10分の1に減らして、4,000にしましょう。選択肢が4,000では、やはり、自分を選んで何か発注してもらうのは難しいです。

そこで、自分の「レア度」を引き上げましょう。レア度を高めることによって、「この仕事ができるのは、君しかいない!」という状態にします。

レア度を高める:FXで大きく稼ぐ

FXのトレードで上位10%が稼げると言っても、その多くは少額を稼いでいます。そこで、毎年100万円以上稼ぎます。可能ならば、FXの収入だけで生活できるくらいにします。

こうすれば、レア度が高まります。上位10%でなく、上位1%になれるでしょう。

すると、発注者が「本当に大きく稼げる人」という基準で選ぶ場合、発注先の選択肢は400になります。しかし、400も選択肢があっては、自分を確実に選んでもらうのに、十分ではありません。

そこで、さらにレア度を高めます。

レア度を高める:FX以外の能力を使う

自分のレア度を高める手段として、FX以外の能力を高めます。例えば、文章執筆、話術、絵を描く能力です。

FXで勝つ能力と、文章を書く能力は全く別です。このため、両方持っていると、レア度が劇的に向上します。

例えば、ブログを書いている人は世の中に大勢いますが、FXブログの中で上位10%に入るくらいの文章作成能力を身に着けるとします。すると、レア度はさらに上がります。

FX能力のレア度(上位1%)× 文章作成能力(上位10%)=上位0.1%のレア度

FXで稼ぎまくるだけでは、上位1%のレア度でした。しかし、これに文章作成能力を加えることによって、上位0.1%のレア度になりました。

なお、文章作成能力でも、FXで稼げるレア度(1%)と同じくらいにできれば、それは素晴らしいことです。しかし、同時に2つの能力で頂点を目指すのは、現実的には難しいです。

そこで、ここでは、文章作成能力は多少落ちるという設定にしています。

話術、絵を描く能力でも同様です。

FXについて上手に話せる人は、多くありません。聴衆から質問を受けたら、すぐに回答できる造詣の深さも必要です。また、FXの特定の状況を絵にするには、高い感性が必要です。

レア度はとても高いでしょう。

レア度を高める:強烈な個性

ここで、もう一工夫することにより、自分のレア度を究極に高めます。それは、「強烈な個性」です。

  • 他人と異なるトレード手法
  • 文章の書き方に独自性がある
  • 話し方が、他の人と少し違う
  • 絵の個性が際立っている

こうすれば、自分と同じ土俵で競争する人はいなくなります。特定の業者が何か発注しようという場合、選択肢は1つだけになります。すなわち、自分に発注してもらえるようになります。

この「強烈な個性」を重視すると、FXトレードのレア度は上位10%のまま、文章執筆能力は上位20%くらい、という状況でも、自分をオンリーワンの状態にできます。

発注者の期待する人物像と一致すれば、発注してくれるでしょう。

ただ、この個性は、確固とした実力があってこその能力です。個性だけに注目しても、成功は難しいだろうと思います。

個性がないと、消耗品として使われる

なお、個性がないと、発注者から消耗品として利用されて、最終的には捨てられる可能性があります。

例えば、自分は特定の分野(デザインやプログラミングなど)で能力が高いとします。しかし、強烈な個性を持っているわけではありません。すなわち、他人にもできます。

この場合、発注者からの無謀な要請に反論することは難しいです。例えば…

  • 納期だけど、1週間後でなくて3日後に変更してください。
  • 方針が変わったから、制作やり直し。報酬は、元の額のままでよろしく。

この種の無茶な要請に対して、「NO」と言いづらいです。発注者から見れば、受注できる人は他にもいます。「嫌ならいいよ、別の人に発注するから」という具合で切られるかもしれません。

次第に、報酬の減額にまで話が進む可能性もあります。「今は業績が厳しいから、報酬は前回よりも2割減で受注してくれない?」という具合です。「NO」と回答すれば、「じゃあ、残念だけど別の人に発注するから」で終了です。

私たちは、次第に歳をとります。無茶な要請に応えて仕事ができるのは、若いうちだけです。次第に心身ともに耐えられなくなります。

一方、若い人たちは、元気です。発注者は、次第に若い人に発注するようになるでしょう。こうして、こき使われ、最終的には捨てられるという結果になるかもしれません。

結果、精神的にも肉体的にも疲れ果てて終了してしまいます。

個性を活用して、心身ともに健全に生きる

これを防ぐには、個性です。「この仕事をしてもらうには、君が最適だ」という状態にします。すると、無茶な要請に対しては断ることもできるでしょう。独自性が大きいので、今回の話が流れても、他社から受注できる可能性があります。

あるいは、その独自性を前面に押し出したビジネスをしたいという話が、発注者から届くかもしれません。この場合、そのビジネスの主役は自分になります。

すなわち、個性があることにより、心身ともに健康を維持できます。

汎用性が高い技術を基礎にして、個性を高める

この方法でレア度を高める場合、問題になりうるのは、「レア度が高すぎて発注者がいない場合」です。

これを回避するのは、基本となる技術を極めることと、それを表現する方法の微調整です。

今回の例は、FXです。よって、FXという基礎の部分は、技術をしっかりと確保します。そのうえで、今トレンドになっている内容で文章を書き続けたり、絵を描いたりします。

こうすれば、発注者が現れるでしょう。

自分の基礎となる部分が不十分だと、「この人は不十分な能力しか持っていない」と発注者に見抜かれます。基礎を確実に固めることが重要です。

お金のルール

自分の技術を固めたうえで、レア度を高めれば、安定した収入を得やすい

相場で稼げると、メリットは巨大

なお、FXの場合、技術を確実にすれば、受注しなくてもFXで稼ぐことができます。これは大きなメリットです。

と言いますのは、「発注者がいなくても自由に稼げる」からです。発注者が存在するビジネスの場合、どうしても他との受注競争が発生します。そこで、他の分野の技術を身に着けたり、個性を出そうとしたりします。

しかし、FXの場合、そのようなステップは不要です。相場から稼げるからです。株でも債券でも、相場なら何でも同様です。

これが、相場で稼ぐことのメリットでしょう。

-お金のルール

Copyright© お金ブログ , 2018 All Rights Reserved.